各種一般高圧ガスの販売

一般高圧ガス

いろいろな用途に使われる高圧ガスを安全かつ迅速にお客さまにお届けします。

取扱商品

・酸素 ・溶解アセチレン ・炭酸ガス ・アルゴンガス ・窒素ガス ・ヘリウムガス ・エアーガス ・水素ガス ・混合ガス ・プロパンガス

溶接材料の販売

溶接材料

軟鋼用溶接棒をはじめ軟鋼用溶接ワイヤー・TIG棒・ステンレス溶接用棒・ワイヤー・TIG棒・アルミ用溶接ワイヤー ・TIG棒その他溶接材料全般を神戸製鋼・日鐵など、有力メーカーの商品を取り扱っています。

取扱メーカー

株式会社神戸製鋼所 ・日鐡住金溶接工業株式会社 ・ニツコー熔材工業株式会社 ・GOODWELD ・現代 ・キスウェル ・ほか

溶断器具

調整器・逆火防止器・ガスホース・ワンタッチジョイント・溶断器・溶接器などガスを安全に使用していただける、信頼のおけるメーカーの商品を各種取りそろえています。

取扱メーカー

ヤマト産業株式会社 ・株式会社阪口製作所 ・株式会社千代田精機 ・株式会社ユタカ

産業機器の販売

溶接機

交流機・CO2溶接機・TIG溶接機・スポット溶接機・サブマージアーク溶接機・エンジン・バッテリーウエルダーなど溶接機全般を取り扱っております。

取扱メーカー

株式会社ダイヘン ・パナソニック株式会社 ・株式会社やまびこ ・大同興業株式会社 ・デンヨー株式会社 ・マイト工業株式会社

産業ロボット

自動車業界を筆頭にあらゆる場所で活躍するロボット、当社はダイヘン・パナソニックなど有名メーカーの最先端の技術をお客さまに発信し最高のコストパフォーマンスを提案します。

取扱メーカー

株式会社ダイヘン ・パナソニック株式会社 ・株式会社神戸製鋼所

レーザー加工機

市場のニーズに幅広く対応するため、業界最有力メーカーの二次元レーザー・三次元レーザーをラインナップし、最新鋭機でお客さまの生産力向上を強力にサポートします。

取扱メーカー

・三菱電機株式会社

産業機械

タレットパンチプレス・プレスブレーキ・CAD/CAMシステムなど、あらゆる産業機械を取りそろえております。

取扱メーカー

・昭和精工株式会社 ・タケダ機械株式会社 ・大東精機株式会社 ・大同興業株式会社 ・株式会社ニコテック ・村田機械株式会社 ・マツモト機械株式会社 ・株式会社キャドマック

各種工具の販売

荷役搬送機

取扱メーカー

イーグル・クランプ株式会社 ・株式会社キトー ・株式会社スーパーツール ・象印チェンブロック株式会社 ・日本ホイスト株式会社

電動・油圧・エアー工具

取扱メーカー

・育良精機株式会社 ・サンコーミタチ株式会社 ・日東工器株式会社 ・工機ホールディングス株式会社(Hikoki) ・不二空機株式会社 ・株式会社ベッセル ・ボッシュ株式会社 ・リョービ販売株式会社 ・レッキス工業株式会社

作業工具

取扱メーカー

株式会社スーパーツール ・大同興業株式会社 ・KTC ・TONE ・オーエッチ工業株式会社

研削・研磨・切削工具

取扱メーカー

・OSG ・NACHI ・大見工業株式会社 ・株式会社ミヤナガ ・三菱マテリアルツールズ株式会社 ・株式会社ムラキ ・株式会社モトユキ ・日本レヂボン株式会社 ・ニューレジストン株式会社 ・株式会社レヂトン

保護具

取扱メーカー

興研株式会社 ・理研化学株式会社 ・3M

環境衛生・省エネ商品の販売

人工炭酸泉装置

商品ラインナップ

ワンパスタイプ(家庭用)

給湯器あるいは浴室の混合水栓のシャワー出口からお湯を炭酸泉装置に給湯することにより、装置出口から1,000ppm以上の高濃度炭酸泉が出てきます。
シャワーから炭酸泉を出せるので、顔や頭にかけてフェイスケア・頭皮ケア・ヘアケアができます。
浴槽にためることで、炭酸泉浴も楽しめます。
ご家族が3人以下で、同じ時間帯につづけて入浴できる方に向いています。
業務用炭酸泉装置のワンパスタイプもご用意できます。

循環タイプ(家庭用)

浴槽にためたお湯を循環しながら炭酸泉の濃度を上げていきます。
200リットルお風呂の場合、約30分で1,000ppmにできます。
何人か入浴したり時間がたったりして炭酸濃度が落ちた場合でも、追加循環運転により濃度を元に戻せます。
家族が多い場合や入浴時間がまちまちな場合でも常に高濃度の炭酸泉にできます。

マルチタイプ(家庭用)

炭酸泉シャワーも追加循環運転も捨てがたいという方には、ヴィータだけがラインナップするマルチタイプがお奨めです。
ワンパス同様に炭酸泉シャワーが使え、お風呂にためた炭酸泉濃度が下がったら、追加循環運転で炭酸泉濃度を上げることができます。
すべてのニーズにおこたえできるマルチタイプです。
1台3役のマルチタイプ
・炭酸泉シャワー
・炭酸泉給湯
・循環運転

業務用炭酸泉装置 ワンパスタイプ

業務用炭酸泉装置のワンパスタイプは、1トン、2トン、4トン仕様の3機種です。
それぞれ、1時間あたりの生成量が1トン、2トン、4トンとなります。
基本的にはかけ流しになりますので、循環タイプに比べて炭酸ガスの消費量は多くなります(詳しくは、業務用炭酸泉装置のページをご覧ください)。
また、小規模な浴槽の場合は、家庭用の炭酸泉装置を使うこともできます。

業務用炭酸泉装置 循環タイプ

業務用炭酸泉装置の循環タイプのラインナップは、1トン、2トン、4トン、8トン、12トンの5機種です。
温浴施設では循環タイプが一般的です。このタイプは、さら湯から高濃度の炭酸泉にするまではフル運転ですが、高濃度に達した後は、濃度維持運転に切り替わります。
浴槽を高濃度に保ちながら、炭酸ガスの消費量を最小限にします。
ヴィータの炭酸泉装置は、炭酸ガスの溶解効率が非常に高いので、大変経済的です。※溶解効率90%以上

弱酸性次亜塩酸水生成装置

ハセップメイカーは、次亜塩素酸ソーダ(ナトリウム)に炭酸ガスを混合するというまったく新しい発想から生まれた混合装置です。炭酸ガスのpH緩衝性により、安定的にpH5.5~6.5を保ちます。

商品ラインナップ

HM-300シリーズ(簡易式)

簡易型の壁かけ式次亜塩素酸ソーダ希釈混合装置です。
厨房(ちゅうぼう)・店舗・学校・介護福祉施設・病院・バックヤードなど菌やウィルスが気になる場所に最適です。
HM-300シリーズには、大きく分けて2種類あります。
1.無電源タイプのHM-310
炭酸ガスが供給されているかどうかは圧力ゲージで確認可能ですが、次亜塩素酸ソーダ不足はタンク残量の目視です。
使用する次亜塩素酸ソーダは希釈が必要です。
2.電源タイプ・止水機能付きのHM-300EX
次亜塩素酸ソーダや炭酸ガス残量が不足すると自動的に止水して、警告ランプが点灯します。
次亜塩素酸ソーダ(6%・12%)を原液で使用することが可能です。

HM-1500シリーズ(スタンダードタイプ)

25リットル/分の吐水量で、水道のように使えるスタンダードタイプです。
食品加工工場や病院をはじめ、ほとんどすべての場所で使えます。
装置の出口から配管で複数の場所に分岐して、それぞれの末端に蛇口コックを付けることにより水道感覚で除菌水が使えます。
標準仕様では、塩素濃度も50・100・200ppmの3種類をワンタッチで切り替えられます。(工場出荷オプションで、3種類の塩素濃度を変更することもできます)

HM-4000シリーズ(大容量タイプ)

67リットル/分の大容量タイプで、1時間に4トンの水を吐水できます。

標準仕様では、塩素濃度も50・100・200ppmの3種類をワンタッチで切り替えられます。(工場出荷オプションで、3種類の塩素濃度を変更することもできます)

小型噴霧器(HM-201 )

音が気になるような室内では、超音波噴霧器がおすすめです。
26畳までの小型と150畳まで対応できる業務用があります。

【注意】除菌水の噴霧は、あくまでもドライ噴霧(湿度が上らない程度の噴霧)としてください。
除菌水は、除菌が進むと水に戻ります。極端な湿度の上昇により、壁や床に水滴が付着するような状況の場合、逆にカビが発生することがあります。

洗浄剤

ベストウォッシング

※画像をクリックすると商品詳細のPDFが開きます

超音波噴霧器

※画像をクリックすると商品詳細のPDFが開きます

業務用超音波噴霧器

※画像をクリックすると商品詳細のPDFが開きます

BS21

※画像をクリックすると商品詳細のPDFが開きます

BSP21

※画像をクリックすると商品詳細のPDFが開きます

環境サイエンス株式会社 会社案内

※画像をクリックすると商品詳細のPDFが開きます

LED照明

取扱メーカー

・サン電子工業株式会社 ・スリーイーサイエンス株式会社 ・日動工業株式会社

花粉チェック装置

銀殺菌の正しい知識

銀の殺菌力を利用する3つの方法

現在、銀の殺菌効果を利用するには、主に次の3つがあります。

①銀イオン水
②阿銀系抗菌剤
③銀ナノ粒子(銀ナノ粉末、銀ナノ溶液とも呼ばれる)


これら3つは、銀の存在形態と殺菌原理が異なります。

①銀イオン水

銀イオンは、原子としての銀(Ag)から電子が外れた陽イオンとして存在している銀イオン(Ag+)の形態であり大きさは銀原子とほぼ同じで200ピコメートル(1兆分の1メートル)程度のいわゆる原子の大きさで3種の中では一番小さいサイズで、水分子の中で単独遊離していることに特長がある。基本的には水の中にイオン状態で存在し、銀イオン水として利用される。主な製法として水中の純銀電極に電流を流して銀イオンを発生させる電気分解法と銀イオン成分を含む化学薬品を水に添加する薬剤法の2種が一般的である。
銀イオンは各種バクテリアの細胞の中に侵入してバクテリアの細胞遺伝子の分離をブロッキングして死滅させます。
銀イオン水は、ほかの方法と比較すると、低い銀イオン濃度で殺菌効果が認められています。たとえば、大腸菌に対しては0.05ppmの銀イオン濃度を含有する銀イオン水で十分に強い殺菌効果があります。銀イオン水はお風呂のレジオネラ属菌汚染の防止にも利用され、肌にも環境にも優しい殺菌方法として、注目を浴びています。

②銀系抗菌剤
※準備中

③銀ナノ粒子とは、金属状態の銀を(10億分の1メートルの粒子)
※準備中

銀の殺菌効果(アリゾナ大学のレポートより)

アリゾナ大学において、銀の殺菌効果を評価テストした結果、ほとんどの病原菌に対して殺菌効果があることが証明されました。
効果の認められた細菌とウィルスの中でも代表的なものを下記します。

ブドウ球菌 対塩性があり、化膿性炎症(かのうせいえんしょう)として膿皮症(のうひしょう)、中耳炎、肺炎、敗血症、心内膜炎、骨髄炎などのほかに食中毒の原因となる。
サルモネラ菌チフス性疾患や急性胃腸炎を起こし、髄膜炎、関節炎などをも引き起こす。
赤痢菌細菌性赤痢を起こし、水を介して経口感染する。大腸粘膜細胞内に侵入して化膿性炎症(かのうせいえんしょう)を起こす。
クレブシェラ気道、尿路などから感染し、敗血症を起こす。
レジオネラ屬菌水中あるいは土中に存在し、人が飛散した水滴を吸収することにより、(気道感染)、肺炎などを引き起こす。
シュードモナス水中に分布し、多くの菌種が消毒剤、紫外線、抗菌剤に抵抗性で難治性感染症の原因になりやすい。
ポリオウィルス小児麻痺(まひ)を起こす。経口的に感染して咽頭や腸管で増え、その後血中に出て中枢神経系に達し、主として脊髄前角の運動神経を破壊し、四肢に麻痺(まひ)を起こす。
ロタウィルス乳幼児の下痢症(仮性コレラ、白痢)、学童の集団下痢症の主な原因ウィルスである。
ヘルペスウィルス持続感染を起こしやすく、水痘、帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウィルスを含む。

注:上記以外にも多くの細菌とウィルスに効果があることが認められています

■銀殺菌の特長

長所
現存する合成殺菌剤と比較すると、より広範囲の種類の細菌に対して抗菌効果を発揮する。また、耐性菌ができにくい。
①微生物には毒性を示すが、人や動物にとっては安全性が極めて高い。
② ほかの殺菌剤との併用により殺菌力が増強される。
③殺菌持続性(抗菌力、静菌力)が優れている。

欠点
①銀は塩素などのハロゲン系成分と結合してハロゲン化銀となると殺菌力が減少する。
②一般的な合成殺菌剤よりも高価である。

■銀は人や環境に安全なことが確認されています。

銀は、古くから食器として使用されていたり、歯科医が入れ歯に純銀を使用したり、目の感染病の治療薬として硝酸銀溶液を使用したりすることもあります。いままで、銀が明白に人体に有毒であるという説は報告されていません。時々、水俣病の原因となった『水銀』を『銀』と勘違いし、銀まで有毒だと思い込んでいる人がいますが、銀は有毒な水銀とは元素記号が異なるようにまったくちがう物質です。銀は人が多量に摂取しない限り無毒なのです。
実は銀(Silver:元素記号Ag)とは、非常に古典的な物質で、抗菌剤だけではなく、食品添加物として許可されている安全なものです。
実際の使用例、製菓材料の砂糖菓子のアラザンや、昔ながらの清涼剤である仁丹の表面の銀色には、銀箔(ぎんぱく)が使われています。
また、水道の蛇口に取り付ける浄水器にも銀が使われています。塩素が法令化で多用される以前は、日本でも直接飲料水の殺菌に利用された実例もあります。

飲料用水に含まれうる金属イオンで有害性を認めうるものについては、日本の水道法の水質基準によって指標値が決められているのが普通ですが、銀に関しては指標値がありません。カナダでは当初0.05mg/Iの規制値がありましたが1989年の飲料水品質用のガイドラインから銀を削除しました。
米国環境保護局(USEPA)の飲料水規則でもPrimary standard(NPDWRs:水道水で守らなくてはいけない基準)では銀は規定されず、Secondary standard(NSDWRs:必ずしも守っていなくてもいい推奨基準)のほうで0.1mg/Lの規制値があるのみです。
世界保健機構(WHO)によっても、銀化合物による発癌性、急性暴露、慢性暴露による人体への影響はなく、0.1mg/Lの銀の含まれた水を70年間暴露してもNOAEL(害にならない最大量)に満たず害はないとされています。(毎日2リットル、0.1mg/Lの銀の含まれた水を70年間飲んだとしてもNOAELの半分)
また、銀イオンは塩化物イオンと結合して不溶性の塩になります。銀イオンは胃酸の中の塩酸に触れるとたちどころに不溶の塩化銀(AgCl)となり、人体に吸収される心配はありません。(飲み込んだとしたらそのまま体外に排出されます)

■銀は食品や飲料水の保存に使われています。

その一つの例として、東南アジアの仏教国では、僧侶が早朝のたくはつに出るとき、大きな銀製のボールを持参し、ご飯や料理を入れてもらう風景をテレビなどの映像で見たことがあると思います。これは高温多湿な地方での生活の知恵で、銀製の器に食べ物を入れることによる防腐効果を経験的に学んだ結果であると考えられます。

■銀にはポジティブな薬効が確認されています。

1912年から1916年にかけて、Lancet, British Medical JournalやJournal of American Association of Obstetricians and Gynecologistsなどの世界的な医学雑誌に銀溶液(コロイダル・シルバー)の薬効についての報告が数多く発表されています。
◆米国では20世紀初頭から銀溶液は感染症予防などの目的の民間サプリメント(健康食品)として市販されています。
◆漢方医学では、銀は身体の調子を整える薬効が認められています。

■金属アレルギーについて

金属アレルギーは一度発症すると一生つづくことが多いので、なかなかやっかいですよね。
厚生労働省の調査によると、皮膚トラブルで一番多いのは、やはりアクセサリーによるアレルギー性接触性皮膚炎で、その原因の約80%は金属だといわれています。
ピアスの場合、特に耳たぶを通してつけますから、金属が直接皮下組織と接触し、組織液によって微量ながら溶けだします。そのとき金属イオンが体内に取り入れられて、アレルギーを起こすといわれています。
たとえばアクセサリーに用いられる金属の中でもっともアレルギーの原因(アレルゲン)になりやすいのはニッケルです。ニッケルは、ほかの金属に比べて溶けだしやすく、汗をかけば、汗に含まれる塩素イオンの作用で、より溶けだしやすくなる性質を持っています。
露天や激安ショップの中には、ニッケルの含まれる粗悪なシルバー(ニッケル・シルバー)を販売していることもあるので気をつけましょう。(SV925の刻印が入っているものもあるようです)
安全だと思われている金でもアレルギーになることがあります。(じつは、金は溶け出しにくいかわりに一旦体内に入ると非常にかぶれやすい金属なのです。また一般的な18金には12.5%もの銅が含まれています)銀はどうでしょうか?
1987年東京都済生会中央病院皮膚科の金属パッチテスト調べでは、銀でアレルギーになった方はいなかったようです。そう、銀は極めてアレルギーになりにくい金属なのです。

■塩化銀の科学的考察

銀イオンは容易に塩化物イオンと反応し、塩化銀の白色沈殿を生じる。
Ag+ +  Cl - → AgCl

塩化銀の沈殿にアンモニア水(NH3)を加えると、ジアンミン銀イオン(銀アンモニアイオン)を生じて沈殿は溶ける。

塩化銀の沈殿にチオ硫酸ナトリウム(Na2S203)溶液を加えると、ビス(チオスルファト)銀酸イオン(銀チオ硫酸イオン)を生じて沈殿は溶ける。
AgCl + Na2S203 → 3Na+ + [Ag(S203)2]3- + (Na+ + Cl-)

また、塩化銀に過剰のシアン化カリウム(KCN)溶液を加えても、ジシアノ銀酸イオン(銀シアンイオン)を生じて沈殿は溶ける。
AgCl + 2KCN → K+ + [Ag(CN)2]- + (K+ + Cl-)